福岡でプチ整形│手軽にできるヒアルロン酸注入

プチ整形で二重になる

鏡を持つ人

一般的に日本人は一重まぶたの人が多く、その割合は約7割とも言われています。まぶたは先天的な遺伝によって決まることが多いとされていますが、両親とも二重まぶたでも子供が一重まぶたといったパターンも稀にあります。大多数の人が一重まぶたとはいえ、一重まぶたをコンプレックスに思ってしまう人は福岡でも少なくありません。二重まぶたはまぶたについた脂肪のせいで一重になっているという場合もあるので、まぶたの脂肪を落とすことで二重まぶたになる可能性などもありますが、中々にまぶたの脂肪というものは落とすことが難しいです。そうした方に最適なのが、プチ整形によって二重まぶたを手に入れる方法です。通常の整形手術ではメスでまぶたを切開することで二重まぶたを作るのが一般的ですが、プチ整形で行う施術では埋没法といった方法を使います。埋没法はメスを使用することなく、極細の医療用糸を埋没させることで二重のラインを作り、まぶたの裏で糸を留めるといった施術となります。埋没法による施術をする際にはまず美容整形外科を探し、カウンセリングを受ける必要があります。福岡にも人気の美容整形外科は幾つかあり、美容整形外科ではカウンセリングを無料で行っていることなどもあります。無料カウンセリングでは相談者の意見や目元の状態などを確認して、要望にあった二重の形をまず決めていきます。二重の形を決めた後は検討してもらっての施術となりますが、施術自体も長い時間はかからない施術となるため、福岡でもカウンセリング当日の施術ができるところも少なくありません。施術は局所麻酔を行いながら、カウンセリングで決めたラインに沿って医療用糸で二重のラインを作り、まぶたの裏側で糸を留めます。この糸を留める時に何点留めを利用するかで施術の値段などが変わってきます。1点留めは費用が安いですが、2点留めや3点留めに比べて糸が外れやすくなってしまうので、予算と相談して決めるといいでしょう。この施術は10分から15分程度で終わります。この手術時間の短さが手軽なプチ整形と言われる所以でしょう。メイクや入浴などは施術当日からも可能ですが、痛みなどがないか様子を見ながら利用するようにしましょう。眼鏡は大丈夫ですが、コンタクトレンズの使用については2日ほど後からとなってしまいます。また、施術後に行うと糸が外れてしまう可能性があるため、激しいスポーツや強いマッサージは少なくとも1ヶ月は控えるようにしましょう。糸がまぶたに埋没してくるまで目に違和感が残る可能性がありますが、そういった場合は早めに施術を行った美容整形外科に相談するようにしましょう。手軽といってもプチ整形は整形手術の1つですので、やはり失敗するといった可能性などもあります。多い失敗例としては、カウンセリングで思い描いたラインと違うといった場合があります。こうした失敗を防ぐためには、美容整形外科選びをしっかりする必要があります。金額だけで判断するのではなく、福岡で美容整形外科を選ぶ時には実績は勿論のこと、カウンセリングでちゃんと意見を取り入れてくれるかどうかを確認するようにしておきましょう。